クールビズ シャツ

クールビズとは夏のクーラーの設定温度を28℃にして節電し、
地球温暖化防止を目的に環境省が提案したものだそうだ。

ネクタイやスーツの上着を着ない(ノーネクタイ・ノージャケット)で、
室温28℃の中でも快適に仕事が出来るようにと考えられたものらしい。

そこで、各服飾企業はクールビズ対策として、ネクタイを着けなくても
だらしなく見えないようなシャツの生産を行っているようだ。

具体的には半袖シャツ、開襟シャツやボタンダウンシャツ、
ポロシャツなどらしい。

また、シャツだけではなく、クールビズ用に涼しい素材を使った
ジャケット、スラックス、インナー、スーツ、シューズなども
生産しているそうだ。

クールビズは沖縄では、公務員もアロハシャツをおしゃれに
着こなしていて、だいぶ前から定着しているようだけれど、
他の地域ではどうなんだろう?

やはり、クールビズは国会内でも賛否両論あるみたい。

ノーネクタイ・ノージャケットは営業職には難しそうだもんね。

もっと、根本的に日本人の意識を改革しないと、クールビズはなかなか
定着しないんじゃないかなぁ。